内緒で作った借金も完済できた債務整理

家族に内緒で作った借金がありました。

化粧品販売の代理店の仕事をする上で、決められた分を毎月販売しなければならず、
販売できないときは自分で在庫を抱えながらやりくりしてきましたが、結局消費者金融から借り入れを作ってやりくりするようになってしまいました。

家族からは儲からないのなら仕事を辞めるようにと言われていたので、とても借金をしていることは言い出せませんでした。

返済が滞るようになってようやく債務整理をしないと大変なことになると思い、弁護士事務所に行きました。
債務整理をしたいのだけど、家族に知られずに行いたいという旨を伝えると、任意整理を紹介していただきました。

裁判所を通さずに弁護士と債権者のみの間で行う任意整理は、もっとも穏やかな方法で、家族に知られる心配もないとのこと。

早速契約をして、手続きを進めていただきました。
終わりが見えない借金に怯えていた日々から考えると、返済の目処が立った今は天国のようで生きる希望も湧いてきます。

しかも家族に知られることなく利子分をカットしてもらい借金を減額できたのは債務整理ならではのメリットだと思います。

もう借り入れなどせずに収入が得られるような仕事に就こうと考えています。

借金返す方法ナビ※弁護士に債務整理を無料相談してみませんか?

多重債務になってしまい債務整理をすることにしました

毎月の決まった生活費以外に、突然の出費がかさんでしまったために、生活費を圧迫してしまったことがありました。

このままでは生活費もままならなくなり、仕方なく消費者金融から借入れすることで一時的に乗り切ることにしました。
足りない分だけを一時的に借入れして、その後はしっかりと返済していくつもりでした。

しかし、限度額が多めに設定されていたので、まだ借入れができると思ってついつい限度額いっぱいまで借入れをしてしました。

最初は借入れすることにためらいがあったのに、徐々に借入れをすることに慣れてしまいました。
毎月の返済額も増えてきたので、他の消費者金融からも借入れすることにして、返済にあてるようになりました。

やがてその消費者金融からも限度額いっぱい借入れしてしまうようになり、多重債務になったことに気が付きました

このままでは返済が苦しくなるので、債務整理の相談をしてもらえる法律事務所などに相談して債務整理をすることにしました。
債務整理をした結果、利息制限法などで決められた利息を超えた分の利息の払い過ぎがあったことがわかりました。

おかげで、返済がだいぶ楽になったので返済の目途も立ってきたので助かりました。

借金任意整理ナビ

浪費が原因で債務整理をしなければならくなりました

以前からギャンブルが好きで度々消費者金融からお金を借りて楽しんでいました。

消費者金融から借りるお金はそれほど高額ではないので、給料が出ると借金を返済していくことが出来たのですが、
簡単にお金を借りる事が出来るなどの理由からも、借りるお金の額も増えてしまい、借金が多く残るようになってしまったのです。

また、会社も経営状態が悪くなってしまい、ボーナスが支給されなくなると借金返済が益々難しくなり、
延滞を起こすようになり、返済の催促などが起きるようになってしまいました。

尚、多重債務になることで借金問題が悪化すると考え、法律事務所が実施している借金相談を受けてみようと考えたのです。

法律相談事務所に行くと、債務整理をして借金を減額するのが良いと言われましたが、
債務整理には任意整理と呼ばれる方法以外に、裁判所で手続きを行う個人再生や自己破産と言う方法が有ることを聞きました。

自己破産はどのような事が解っていたのですが、自分の場合は浪費が原因で借金を作っている事や、
ある程度の収入が有ることからも破産の手続きでの債務整理は出来ないと教えて貰いました。

尚、借金には過払い金が含まれている可能性が高いと言われ、過払い金を取り戻して借金の減額を行い、
将来の利息を見なしして返済を続けると言う任意整理の方法で債務整理をすることになりました。